感動と幸福に包まれたShiggy Jr.の初ワンマンライブ

f:id:draiko_tops:20150705211530j:plain

 

どんなライブだったか。一言で言えば「感動と幸福に包まれたライブ」であった。

 

19時半過ぎ、メンバーが姿を表す。登場から一段上って観客をあおる池田智子。以前から考えれば、その姿は比べ物にならないほど様になっていた。対バンやフェスなど多くのアウェー戦を戦ってきた彼らの逞しさを感じる。そして、いよいよ迎えた完全ホームの1戦はこの曲からキックオフの笛が鳴る。

 

 『LISTEN TO THE MUSIC』だ。シギジュニの認知度を大きく引き上げることになった曲。Shiggy Jr.を象徴するポップソングだ。恒例の肩上げダンスでは、シギジュニのムードメーカーことベースの森夏彦とオーディエンスが息の合ったコール&レスポンスを見せる。

 

『summer time』に続いて披露された『サンキュー』から『baby I love you』まではしっとりとした大人を感じさせる曲が続いた。池田は情感を込めて歌うのが非常に上手くなったと思う。歌声が観客の心にスッと入り込んでくのが周りを見て受け取れた。体をうねらせて歌う姿から、今まであまり感じたことのない池田の色っぽいさが垣間見えた。

 

『サンキュー』では諸石和馬のドラムに注目して見ていた。なぜならインタビューで「『サンキュー』を演奏する時はピリピリする」との旨を述べていたからだ。しかし、全くそんな事を感じないほど、輝きを放っていた。会場の誰もがそう思ったに違いない。池田が気持ちよく歌えるように息を合わせながらドラムを打ち鳴らす諸石の素晴らしい演奏だった。

 

『サンキュー』や『おさんぽ』の時に思ったが、声が魅力的なのは池田だけではない。ギター原田茂幸の歌声も非常に良いものがある。そして、二人が奏でるハーモニーは私達に安らぎを与えてくれる。FINLANDS、ACCそしてShggyJr.と私が今年気に入ったアーティストは、美しいハーモニーを放つという点で共通している。

 

『day trip』が歌われた後、ステージの転換が始まる。転換する間、これまで歩んできた道のりについて池田が語り始める。一通り語られた後、池田から「雑なフリ」で森を困惑させる。会場は爆笑。こんなやり取りから、メンバー同士の仲の良さと「オールナイトニッポン0」で日頃鍛えられている池田のMC力を感じ取ることができた。

 

転換後、ドラムの諸石もステージに前に出て4人が横一列に並び、アコースティック形式のライブが始まった。そこで披露されたのが『やくそく』と『ばいばい』。アコースティックver.のステージは素晴らしく良かった。初めて使用したという森のウッドベースと諸石のカホンが静寂に包まれたクワトロに響き渡り、シギジュニの音楽を支えるリズム隊が心地よいグルーヴを生み出す。

アコースティックライブの難しい所は演奏がごまかせないことだと思う。バンドの持つ力がそのまま伝わってくるからだ。そんな舞台でもShiggy jr.は、難なく自分たちの才能を見せつける。

 

私がこのライブで一番驚かされたのは『(awa)』である。かなりの衝撃を受けた。心の中を撃ち抜かれた気分がした。ここまで展開力のある歌は滅多に聴いたことがない。音源以上に展開が大きくストーリー性があり、思わず泣きそうになる。サカナクションの『ナイトフィッシングイズグッド』、FLOWER FLOWERの『願い』を彷彿させる壮大なナンバーだ。

いけもこ、そして男子メンバー3人の表現力が遥かにスケールアップしていることに気付かされた1曲であった。

 

『(awa)』が終わった直後、池田が突然ステージ袖へと消えた。「なにか問題でも発生したのか?」そんな事を思っていると、ステージからドラム音が聞こえてきた。始まったのは男子メンバー3人によるバンドセッションだ。諸石、森、原田それぞれのソロパートが素晴らしかったのは言うまでもない。セッションでは激しさあふれるサウンドが会場を支配する。「俺らポップだけしゃなく、こんなサウンドも繰り出せますよ?」と言わんばかりの圧倒的なパフォーマンスを見せつけられた。そう。シギジュニはただポップなだけではない。ロックな引き出しも持つバンドなのだ。こんな武器をまだ隠し持っていたなんて、なんて恐ろしいんだよ。

 

再び池田が登場し、プレイされたのは『oyasumi』。ここでもシギジュニらしからぬロックミュージックが観客を興奮の渦へと巻き込む。まるで会場はロックフェスかのよう。

 

続いて披露された『oh yeah!』が始まる前に、サビになったらタオルを振り回す池田がオーディエンスへレクチャー。レクチャー通りにサビでは、目一杯タオルを振り回す。うまくタオルを回せない池田がなんともキュートだった。

次の『dance floor』ではリズム隊が輝きを放つ。森と諸石が息の合った演奏でビートを刻む。そのビートが観客の体を無意識に動かす。クアトロのミラーボールが光り輝き、タイトル通り会場はダンスフロアへと変化。平日の水曜だという事を忘れたように踊り狂う。あー幸せすぎる。

 

ライブは終盤に差し掛かる。まずドロップされたのは2015年の夏を代表するであろうシギジュニの記念すべきメジャー1stシングル『サマータイムラブ』。爽やかなサマーポップチューンが会場を湧き立たせる。

 

そして永遠のように感じた幸福な時間にも、ついに終わりが来てしまう。ラストに選曲されたのは、ライブでもお馴染みの曲、『Saturday night to Sunday mornig』だ。演奏前に恒例となった掛け声練習が始まる。もう何回も行っているお客さんも多かったのだろう。慣れたように観客が池田の掛け声に応える。この一体感がシギジュニのストロングポイントなのだ。ものすごいファミリー感。会場内にいる全ての人がこの時間を忘れないように最後の最後まで、エンジョイすることだけに集中してはしゃぎまくる。

 

ライブ終了後、アンコールを期待する手拍子が鳴り響く。息の合ったオーディエンスの手拍子はシギジュニへの温かくて優しい愛の証。みんなシギジュニのことが大好き。それが嫌というほどに伝わってくる。演奏しているのは自分ではないが、その空気感が嬉しかった。

 

ワンマンのために作られたTシャツとタオルを身にまといメンバーが再登場。ここでまさかのサプライズプレゼントが用意されていた。

「秋のワンマンツアーと2ndシングル発売の決定」。この発表で会場が大きな歓声に湧き上がる。もう何かの大会で優勝したかのような歓声だ。

 

池田はこれまでの感謝をスピーチで述べた。スピーチ中、感極まり目に涙を浮かべる。我慢しきれなかったのだろう。ものすごく美しい光景だった。池田は就職活動の失敗から、ここまで来るのに相当な苦労があったと思う。そんな想いに加えて、ファンから与えられるあふれた愛に耐え切れず出たのがあの涙だったのだろう。愛がたくさん詰まった涙に見えた。

余談だが、池田のスピーチ直後この日サポートとして加わったAwesome City Clubのモリシーが泣くフリしながら登場してきたのを見て、思わず笑みがこぼれた。

 

アンコールとして最後に演奏されたのは『サマータイムラブ』のカップリングとして収録されている『keep on raining』。ワンマン当日は雨が降っていた。そんな天気に合わせたかのようなメロウなチューン。『keep on raining』というフレーズを歌い合うシギジュニと観客のキャッチボールが別れを惜しむようにいつまでも続いた。

 

巧みなベースとあふれる笑顔で観客とシギジュニを幸福へと導く森夏彦。3人のメンバー姿を後ろから優しく見守りながら、シギジュニサウンドを支える諸石和馬。華麗なギターサウンドと歌声を響かせるシギジュニの生みの親、原田茂幸。表現の幅を利かせて、1つ1つの言葉に想いを込めて歌う池田智子。

 

Shiggy Jr.は会場がどんなに大きくなっても、等身大のままだった。人気になったからといって威張るわけでもなく、背伸びするわけでもない。どんな会場になっても、自分たちらしく一人一人に想いをこめて演奏をする。そんな姿にファンは惹かれるのだろう。

ただ、中身は想像出来ないほどに大きくスケールアップしていた。元々持っていた音楽センスの高さに加えて、備わってきたライブでの表現力。ホーン隊やサポートメンバーを含むチームワークも素晴らしかった。

ロックなシギジュニ、ポップなシギジュニ、大人っぽいシギジュニ。このワンマンではたくさんの顔を見せてくれた。ただ、今回見せたのはまだ持っている引き出しの一部だと思う。そんな余白を感じられるほど、潜在能力に秘めたバンドである。

 

今年の快進撃はこれでは終わらない。2015年が終わる頃にはおそらくもっと大きな成長を遂げているのだろう。

夏にはロッキンなど大きなフェスがあり、更に秋には初めてのワンマンツアーを控えている。彼らの旅はまだまだスタートを切ったばかりなのだ。Shigyy Jr.が再びどんなパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみで仕方がない。

 

セットリスト

1.LISTEN TO THE MUSIC

2.summer time

3.サンキュー

ー MC -

4.おさんぽ

5.baby I love you

6.day trip

ー MC -

7.やくそく(アコースティックバージョン)

8.ばいばい(アコースティックバージョン)

ー 転換 -

9.(awa)

Band Jam Session

10.oyasumi

ー MC -

11.oh yeah !!

12.dance floor

ー MC -

13.サマータイムラブ

14.Saturday night to Sunday morning

 

アンコール keep on rainning