皆既日食

2017/11/11

先月3月9日、インドネシアでは一部の地域で皆既日食が見られると

にわかに在インドネシア日本人の間では騒ぎになっていました。

完全日食が見られるのはインドネシアでもいくつかの地域だけ。

その地域は早くにホテルや交通機関が予約でいっぱいになっていました。

詳細は是非こちらのジャカルタで配布されている無料情報誌

南極星をご連絡ください。⇒南極星HP

※こちらは最新号が発刊されるとダウンロードできなくなるのでご注意ください

2016041103.png

この南極星4月号に特集されているように様々な人が様々な場所で

観測をしていたのです。

そして、この私はなんとこの日日本へ帰る予定でいました。

飛行機のフライト時間は朝6:45。

皆既日食は7時台とか・・・?むむ。

これは間違いなく機内から見えるので?と思い日食グラスとカメラを準備し

いざ機内に乗り込む私。

以前から空席状況を確認していたけれど、空席がとても沢山あった為

一か八かで窓際を指定。

入ってくる乗客の様子をハラハラしながら観察するも、しばらくしてから

「当機はただ今扉が閉まりました」のアナウンス!

やった~!私の隣は誰もいない!!

と思ったら早速いそいそと撮影の準備。

普通に見るとこんな感じで日食の具合は全くわかりません。

(この写真は日食グラス越しに撮影してます)

2016041102.jpg

そしてその後1時間程度に渡りこんな感じで部分日食を楽しみました。

2016041101.jpg

そして私が座席でわさわさしているので気になっていたCAさん達が

もしかして皆既日食ですか?見えます?見せてください~

とちょっとした人気者にww

空の上で皆既日食という貴重な体験ができました。